地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、広島の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

広島の地域情報サイト「まいぷれ」

EPO Run up to the 40th anniversary “The Organ Bank”

EPO Run up to the 40th anniversary “The Organ Bank”
EPO Run up to the 40th anniversary
“The Organ Bank”

1980年DOWN TOWNでデビュー
2000年 “AQUANOME”スタート
そして2019年、来年の40周年を待ちきれずEPOが新たなユニットを始動します。
“The Organ Bank”
過去と未来を統合したEPOを表現するための音楽創り。
オルガンの鍵盤のように多彩な才能が集約~拡張しながら瞬間に生まれる音楽を楽しむための場。
メンバーは、鬼怒無月さん(G)コモブチ キイチロウさん(B)向島ゆり子さん(Vn.Via.Acc)岡部洋一さん(Perc)
いずれもJazzからポップス、ワールドミュージックまでこなす手練れのみなさん。
広島、尾道、長野、浜松、東京、仙台、各会場でその場にあった一期一会の編成でお楽しみください。
より自由に!より大胆に!
進化を止められないEPOをお楽しみに!

<EPOからのコメント>
“The Organ bank”

え!?そのまま訳すと、内蔵貯蔵所?
ちょとドキっときちゃいますが、

EPOには、EPOが作る音楽の内部に納め持ってる、
重要な作品がとてもたくさんあります。
普段、ライブではなかなか演奏することのない、レアな作品、
かつ、音楽的にスリリングで面白い作品を中心に表現する場を作りました。
言ってみれば、内臓的重要な作品を演奏する場。
それが、
The Organ bank
バンドのメンバーも小編成だったり、大編成だったり、
今後の私の活動の一つのスタイルを、
The Organ bankと呼ぶことにしました。

EPOが音楽家として自分を喜ばす場として、
作りました。

====================================

2019年10月4日(金)
Bayside 'BLUE’ dinner
~ EPO Run up to the 40th anniversary Tour ~
“ The Organ Bank@Duo ”

【出演】EPO(Vo.P) / 鬼怒無月(G)
【場所】BLUE LIVE HIROSHIMA
    広島市南区宇品海岸3丁目12-69
【開場】18:00
【開演】19:15~ ※2部制・入替なし
【料金】ミュージックチャージ・¥5,000 + ご飲食代 (税サ込、テーブルチャージ含)
   ※家族同伴の場合、小学生以下ミュージックチャージ無料
【主催】BLUE LIVE HIROSHIMA
【制作】エポニカレコード
【協力】Realizer
【発売】7月13日(土) 12:00~
    ■店頭WEB予約
     http://bluelive.jp/schedule/detail.php?id=1960&prev=on
    ■ローソンチケット:Lコード【63297】
     https://l-tike.com/search/?keyword=63297
    ■チケットぴあ  :Pコード【157-766】
     https://t.pia.jp/pia/search_all.do?kw=157-766

お問合せは、
 BLUE LIVE HIROSHIMA
 《 http://bluelive.jp
 Tel.082-250-5522【12:00〜19:00(水曜定休)】


★★★★★★★★★★★★★★★★

EPO(エポ)
歌手/ソングライター/セラピスト
https://www.eponica.net


◇1980年『DOWN TOWN』でデビュー。
 フジTV系『おれたちひょうきん族』のエンディングテーマ『土曜の夜はパラダイス』『う•ふ•ふ•ふ』『音楽のような風』など、数々のヒット曲を発表。

◇1988年渡英。ヴァージンUKと契約。海外で活動。

◇帰国後、『WICA』『Voice of ooparts』『DANCE』『Peach』など、
 POPSから等身大のEPOを表現させた癒し系作品が幅広い年齢層より注目を集める。

◇CMソングも数多く手がけていて代表的なものとして「爽健美茶」(日本コカ・コーラ)「アリエール」(P&G)「くちびるヌード」(資生堂)
 近年では土岐麻子歌唱による資生堂エリクシールのテーマ曲「GIFT〜あなたはマドンナ」が話題になり、現在も同商品のテーマソングとして使われている。
 EPO代表曲「う・ふ・ふ・ふ」は、今でも根強い人気がありCM曲として度々使用依頼が来ている。

◇ 現在『声』という楽器を通じ、LIVEを中心にホールコンサート、胎教LIVE、お寺、病院、ホスピスなどユニークな音楽活動を展開中。
 近年は年2回の東京でのコンサートをレギュラー開催していて
 70~80年代ポップスを中心とした「EPO ヒットパレードパラダイス」
 多国籍な楽器編成によるヒーリングポップスを中心とした「AQUA NOME」
 EPOの2つの側面を表現している。

◇ 毎年2回の東京での主催コンサートのほか、精力的に全国でコンサート活動を行い、2013/12/4にはミニアルバム「SACRED NOTE」をリリースされた。

◇ 2011年に刊行されたCDブック「光になった馬〜たったひとつの〜」では童話の執筆も手がけている。

◇ FM沖縄「風と海と空と」パーソナリティー(日曜9:30~10:00)
 https://www.fmokinawa.co.jp/program/wind-sea-sky/

◇ 2011年より神奈川県葉山に加えて沖縄にも拠点を置き
 全国で精力的に活動している。

2017年 沖縄県南部にある鍾乳洞ガンガラーの谷で行われたライブの模様を収めたDVD+CDアルバム「EPO AQUANOME LIVE at VALLEY of GANGALA in OKINAWA」をリリース

2020年 デビュー40周年を迎える今も精力的に歌い続けている。
カテゴリ音楽イベント、コンサート、ライブ
開催日2019年10月4日(金)
開催場所BLUE LIVE HIROSHIMA
広島市南区宇品海岸3丁目12-69
BLUE LIVE HIROSHIMA
http://bluelive.jp/access/
料金【料金】ミュージックチャージ・¥5,000 + ご飲食代 (税サ込、テーブルチャージ含)
   ※家族同伴の場合、小学生以下ミュージックチャージ無料
イベントの公式URL(PC)http://bluelive.jp/schedule/detail.php?id=1960
お問い合わせ先BLUE LIVE HIROSHIMA
TEL:082-250-5522

人気のキーワード