地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、広島の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

広島の地域情報サイト「まいぷれ」広島市

川口コーチ、ブログやってます「マル秘 サービスゲーム1」

 プロテニススクール 庭球館(ていきゅうかん)のニュース

川口コーチ、ブログやってます「マル秘 サービスゲーム1」
皆さんはサーブをどの様に使って、サービスゲームをキープしていますか?
ただ気合いで打っている様では、まだまだですね!
サーブを上手くコントロールすれば、相手のコースを予測でき、サービスゲームをキープしやすくなります。
僕のテニス論では。。。
テニスは、振り遅れと、振り急ぎで成り立っています。自分のボールが遅ければ、相手のコースは比較的にクロス、自分のボールが速ければ、相手は振り遅れ、ストレートという様に、なる様にしかなってないケースがほとんどです。
人のゲームをよく観察すればわかると思います^_^
今日はその理論を使ってサービスキープをしやすくなる技をお伝えしましょう。
その技とは…
自分が右利きのプレイヤーだと思って下さい。相手も右利きです。
サーブが決まらなくても、相手のリターンを自分のフォアに返球させることができれば、その後の展開を優位にすることができます。
デュースサイドから始めてみます。
センターにフラット。
相手はバックになります、振り遅れサーバーのフォアに返球されます。
サイドにスライス。
相手は振り急ぎ、いわゆるクロス、サーバーのフォアに返球されます。
正面にスライス、バックで取らせる。
当スクール代表川口コーチも、、細々?とブログやってます。笑
読んでるよ!と声をかけていただければきっと頻繁に更新するはず、、??笑
↓続きを読みたい方はホームページをみてね!

バックに差し込まれるので、サーバーのフォアに返球されます。
いかがでしょうか。
ぜひ試してみて下さい。
自分と相手とのレベルの差や相手の力、その他、色んなことが加味されますので、一概ではありません。人の試合をよく観察してみて下さい。リターンする選手が余程チャンスであれば、好きな様に打たれますが…
それ以外では中々の確率で上記の様な理論になってます。
この理論を上手く使い、相手のコースを自分の意のままにコントロールすれば、皆さんのテニスはもっとレベル高くなりますし、楽しくなると思いますよ^_^
頑張ってチャレンジしてみて下さい

blank
スポーツクラブ・ジム等[テニススクール]

プロテニススクール 庭球館(ていきゅうかん)

庭球館カレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ(6件)一覧へ